これって本当?社員研修の心がけ

社員研修で教わるノウハウ

社員研修はさまざま種類がありますが、どれもが仕事に生かせるノウハウを学ぶための研修です。初歩的な新入社員研修からベテランまで受講するキャリアアップ研修まで受ける側の経験値もそれぞれに違います。
社員研修を受ける前のよくある心がけとして、積極的に参加し、グループワークでは能動的にコミュニケーションを取るほうがいいと言われます。これは実際に研修を受けた方ならわかりますが、受動的な気持ちで参加するのと能動的な気持ちで参加するのでは大きく影響がでるのです。自分から学ぼうとしない限り、知識が増えるだけで終わってしまいます。他の参加者とのネットワークを形成する貴重なチャンスを逃すだけではなく、いざ自分の業務にどう応用すれば良いのかわからなくなります。この心構えは研修を受ける前の必須事項といっても過言ではありませんよ。

実務を通じて応用できる

どんな社員研修にも研修で学んだことはあくまでも知識としてのノウハウです。それだけでは意味がなく、自分の業務に応用する必要があります。自分の業務に置き換えて実務経験を積まなければ、本当の意味で身に付いたとはいないのです。したがって、研修だけですべてを学ぼうとするのではなく、実務で応用して吸収するように心掛けることが大切です。
実際の業務に応用することで新たな問題点や課題が見えてきます。それを改善し、自分なりに考えることがスキルアップには必要なポイントですよ。
このように社員研修を受ける場合はあらかじめ受動的に自分から学ぶように心がけ、受講後は自分の業務に応用しながら復習をするようにするにして下さい。

© Copyright Fundamentals Training. All Rights Reserved.