今すぐチェック!出来る人の社員研修の受け方

社員研修でスタートダッシュ!

日本企業の社員研修は諸外国に比べ、手厚いです。しかし、新入社員でやる気満々で入社した人にとっては、社員研修は退屈に感じる人もいるでしょう。社員研修で教わることは、社会人の基礎中の基礎です。例えば、名刺の渡し方から、電話応対の仕方。会社の歴史の勉強。業種や取扱商品の勉強。覚えることは沢山ありますが、講師が某人気予備校講師の様に面白い講義をしてくれれば話は別ですが、大抵、講師の話を聞くだけというのは面白くなく、思わずあくびが出る物です。
しかし!そこで寝ないでください!社員研修で習ったことは、一つ残らずノートに取り、しっかり理解して下さい。もしわからないことがあれば、講師にガンガン質問しましょう。社員研修で習ったことは、これからあなたが出ていく舞台の台本のような物です。台本が無ければ舞台で演じようがありません。しっかりと覚え、理解しましょう。

社員研修は全力で受ける!

研修は全力で受けましょう。研修が終わり、配属が決まってから上司に、「君、研修で何勉強してきたの?」と言われないように、必死に研修で受けた情報を吸収しましょう。短期間で、会社についてや、社会人としてのマナー、その他諸々を集中的に教えてくれる場はもう今後無いのですから。
勉強は、大学や大学院で終わりではありません。社会人になってからでもずっと勉強し続ける必要があります。その勉強とは、会社の業界のことであったり、仕事に役立つ資格であったり様々です。でもいくら勉強したからといって、社会人のマナーが身についていなければ、立派な社会人とは言えません。研修中に、社会人としてのマナーをできるだけ身につけましょう。
このように全力で研修に打ち込んだあなたを、上司はきっと一目置いて見てくれる時がきっときます。

© Copyright Fundamentals Training. All Rights Reserved.